食欲増進させる色|ツボや香りで食べ物を選んで食欲不振から脱却

食欲を増進させる色

人間というのは、五感のうちの視覚からの情報を特に受けやすいです。食べ物のいい香りは食欲を増進させる効果がありますが、視覚を通して色を感じることでも食欲というのは大きく変化します。

 

例えば、青や紫のような寒色系のランチマットや食器を使うと、いくらおいしそうなものでも食べたいという気持ちが減少することが分かっています。食欲を増進させたいときは、赤やオレンジ、黄色などの暖色系の食器を使うといいでしょう。

 

赤のランチクロスだけでも効果はありますが、食器にもオレンジなどを組み合わせるとより効果を発揮できるでしょう。飲食店では、イスや壁紙などにも積極的に明るい色を使うことで、お客さんがよりおいしく食べられるような工夫をしています。これは、個人のおうちでもできることです。

 

自律神経を刺激するので、血圧が上がり、食欲が増進します。赤いインテリアを使うことに抵抗があれば、イエローにしてみるなど、自分のできる範囲で活用してみましょう。

 

夏など、食欲が落ちている時はもちろん、元気がないときにこのことを知っていると、少しの工夫で得られる効果が高くなります。ホワイトがメインの場合は、ピンポイントで赤を使うとおしゃれに決まります。

 

 

 

食欲を増進させるツボ

人間の体は食べることで栄養を吸収し、健康を保っています。食欲がないということは、病気の原因にもなってしまい、健康にも悪影響を与えてしまいます。

 

そのようなときは、食欲を増進させるツボを刺激してみましょう。中かんは、おへそから指5本分上にあるツボです。両手の中指で10秒ほど押すのを5回繰り返して刺激します。胃腸を活発にする効果があります。押すときは息を吐いていき、押していないときに息を吸うようにするのがポイントです。

 

中魁は手の甲にある食欲増進のツボです。中指の第一関節のしわの中央あたりにあります。親指と人差し指でつまむように抑えますが、力を加え過ぎないようにしましょう。2〜3秒押したら、1〜2秒休むというのを左右5回ずつ行います。最後に、押した周辺を20回ほど指でさするようにします。

 

足三里は、万能のツボと呼ばれるほどたくさんの効果を発揮しますが、胃腸の調子を正常にすることから、食欲を増進させる効果もあります。膝を曲げるとできる、外側のくぼみから指4本分下がった位置にあるので、両手の親指を重ねて2〜3分ほどじっくりと押し続けていきましょう。

 

押すと少し痛みがあるので、力はそれほど強くなくて構いません。

 

 

 

食欲を増進する食べ物とは

これから暑くなるにつれ、どうしても落ちがちな食欲を増進する食べ物とは、外食を思い出すと良く分かります。洋食ですと一口サイズのお料理が大きなお皿に並ぶ、オードブルと呼ばれるものが出てきます。どれもすこしづつですが、もう少し食べたいなと思われる量で食欲をそそります。

 

食前に軽いカクテルや、スープなどが提供される場所もあります。また、旅館などでも、酢の物が出てくることがあります。酢が胃を刺激して、活動をよくし、食べ物をもっと欲しいと食欲が増進するのを助けてくれます。

 

自宅では朝ごはんの時に梅干しを食する方も多いと思いますが、これも食欲を増進するのに一役買ってくれます。夏場に冷たくて酸っぱい、冷やし中華が食べたくなるのも同じ原理です。食べ物が少量胃に入る事により、それまで休止していた蠕動運動が活発化し、食事をしたいという気持ちになるのです。

 

食べ物ではなく飲み物ですが、よく冷えた炭酸水を少量飲むのも効果的です。炭酸が胃壁を刺激し、胃の動きを活発にしてくれるのです。胃が動かないと食欲はわきません。胃を目覚めさせ、動きを再開させる働きがあるものが、食べ物を食べたいという気持ちを増進させてくれるものです。

 

胃腸の弱い方は暖かいスープなどもお薦めです。

 

 

 

効果的な香りは?

食欲を増進させる香りとして有名なものを7つ紹介したいと思います。

 

1つ目は、オレンジです。オレンジには胃腸の動きを整える効果があります。爽やかな香りで、馴染みがある匂いですね。

 

2つ目はグレープフルーツです。こちらは精神安定の効果がありますので、精神面から来る食欲不振に効果が期待されます。

 

3つ目はベルガモットです。ベルガモットは消化吸収を助ける効果と、精神安定の効果があると言われています。ハーブティーとして売られているので、日常で取り入れやすいですね。

 

4つ目はレモンです。こちらは消化吸収を促進してくれます。このことにより消化不良による症状が改善してきます。

 

5つ目はローズマリーです。ローズマリーは消化不良を改善し、胃腸の動きを整えてくれます。ハーブとしてスーパーなどで売られているので料理に取り入れやすいかと思います。

 

6つ目はブラックペッパーです。スパイシーな香りは消化管の運動を促進し、食欲を増進させてくれます。こちらも料理に取り入れやすいですね。

 

7つ目はマンダリンです。自律神経を整えてくれるため、ストレスからくる食欲不振に効果的です。これらは食事などの中でも取り入れることができますが、アロマオイルを用いても良いです。

 

香りを上手く利用して食欲増進していけると良いですね。

 

 

 

食欲増進と体重増加

食欲増進することで、体重増加を目指す人もいます。一般的には、ダイエットをしたいという願いを持っている人の方が色々な場面で多く取り上げられていますが、太りたいと思っている人もいるんですね。

 

太りたいなら、そのための情報を収集することが大切です。参考になるウェブサイトを紹介しておきます。